契約前に知っておきたい失敗しないための学資保険の基礎知識。様々な保険から比較検討するための情報をお伝えします。

学資保険返戻率ランキング

 色々な学資保険取り扱い会社がありますが、ご自身のライフスタイルや考え方にあった学資保険を選択するのはとても大変です。こちらのサイトで商品の概要を比較していただき、お問い合わせの前の比較検討の一助になれば幸いです。


 さまざまな保険商品を扱う保険代理店も最近はありますので、ご自身で検討するのがてまでご面倒な場合は、相談してみるのも一つの選択肢かもしれません。

(相談無料サービス例(参考))

 厳密には同じ条件で比較は難しいのですが、受け取りや支払いの条件を近い状態に合わせて、返戻率を比較してランキングを作成しました。各社特約や特徴などによって返戻率以外でのメリット・デメリットがあるのであくまで参考としてご検討の材料にしてください。

保険名

返戻率

順位

JA共済 こども共済

113.5%

1

ソニー生命

113.5%

2

アフラック

111.3%

3

フコク生命

109.4%

4

かんぽ生命

109.3%

5

東京海上日動あんしん生命

83.7%

6

三井住友海上きらめき生命

75.3%

7

メットライフ アリコ

62.4%

8

損保ジャパンひまわり生命

9

日本生命(ニッセイ)

9

※各保険の詳細は保険名をクリックしてください。

 細かい返戻率UPの工夫は支払や受取条件の変更などで可能だったりするので、契約前の段階で営業の方にご相談してみてください。例えばアフラックは10才払い済みにすると返戻率は119%台になります。こういったやり方は個人的には契約者の万が一の場合の保険としてのメリットをなくしてしまうのであまりおススメできないかなと考えています。

子供の教育費に備える学資保険とは

子供が出来て、一度は考える保険。学資保険にはさまざまなメリットがあります。

●親に万が一のことが合った場合の保障
●毎月定期的に貯蓄する感覚で保険を払い続けると大学入学などのタイミングで満期金がでる。
●「教育費の準備」という目的が明確なので、保険の見直しを行うにあたっても解約しにくい。

もちろん、元本割れする学資保険も多かったり、300万円を受け取るためには子供が18歳になるまでに毎月1万円以上支払い続けなくてはいけなかったりするので、いざ学資保険に入るとなると十分に比較して加入した方が良いでしょう。

わたくしも子供の親になり学資保険をあれこれ比較検討しました。

ファイナンシャルプランナーとして、同じように学資保険を検討されているみなさまの一助になれればと、こちらのホームページを運営している次第です。

 こちらのサイトはできるだけ最新の情報に保つよう心掛けておりますが、保険会社のサービスは日進月歩でどんどん変化していきます。詳しくは各社の窓口までご確認の上ご契約をご検討ください。

【お問い合わせ】
gakushi-info☆oshieruyo.com
※☆マークを@に変更して送信してください。