契約前に知っておきたい失敗しないための学資保険の基礎知識。様々な保険から比較検討するための情報をお伝えします。

Q.万が一、保険会社が破綻してしまった場合はどうなりますか?

A.「生命保険契約者保護機構」によって、一定の契約者の保護措置がとられます。

「生命保険契約者保護機構」とは保険業法に基づいて平成10年(1998年)12月1日に設立・事業開始した法人であり、国内で事業を行う全ての生命保険会社が会員として加入しています。※共済会社は加盟していないので注意!

生命保険会社が破綻した場合には、破綻保険会社の保険契約の移転等における資金援助、補償対象保険金の支払に係る資金援助等を行います。

保護機構によって、破綻時点の保険契約(再保険を除く)の責任準備金等の90%までが補償されます。

責任準備金等とは、保険会社が将来の保険金や給付金を支払うために積立てているものです。

大雑把ですが、解約返戻金に近い金額と考えられますので、その9割が補償されると考えてよいのではないでしょうか。

補償されるとはいえ、契約の段階でそういったことが起こらない保険会社を選ぶことが重要になりますね。

格付け」と「支払余力の比率(ソルベンシー・マージン比率)」という2つの指標を参考にして検討していただく必要があります。

詳しくはこちら>>生命保険契約者保護機構ホームページ

 こちらのサイトはできるだけ最新の情報に保つよう心掛けておりますが、保険会社のサービスは日進月歩でどんどん変化していきます。詳しくは各社の窓口までご確認の上ご契約をご検討ください。

【お問い合わせ】
gakushi-info☆oshieruyo.com
※☆マークを@に変更して送信してください。