契約前に知っておきたい失敗しないための学資保険の基礎知識。様々な保険から比較検討するための情報をお伝えします。

Q.解約返戻率119%!などと、銀行に預けるよりも保険会社に預けたほうが金利が良いのはなぜでしょうか?

A.保険会社が長い時間をかけて運用しているからです。デメリットもあるので注意してください。

例えばアフラックの 10才払い済みであれば119%台での受取りが可能です。

生命保険の性質上、18年や22年などと長い運用期間がありますので、保険会社が運用して利息をつけてくれるというのが高く見える戻り率の理由ですね。

 ただ、1年あたりに換算すると1%前後なので金融商品としてみるとあまりおもしろいとはいえません。

低金利時代の現在の銀行の定期預金よりはずっとよさそうですし、金利が多くつかない分、金融投資商品に比べるとリスクは低いので計画的に貯金する代わりに利用する方が多いみたいです。

 外貨預金で海外の銀行などで運用するともっと金利がつきますが、為替リスクや他国の政情に対してのリスクがあります。

 長い期間払い続けないと解約返戻金は支払い保険料より減ってしまうリスク(元本割れリスク)があるのでその辺りも考えて検討する必要がありそうです。

各家庭の事情によっては急に大きなお金が必要になってやむなく解約というケースもあるので銀行預金と併用する気持ちで利用するとよいかもしれません。

学資保険のメリット、デメリットをよく理解したうえでご契約をご判断されることが肝心です。

 こちらのサイトはできるだけ最新の情報に保つよう心掛けておりますが、保険会社のサービスは日進月歩でどんどん変化していきます。詳しくは各社の窓口までご確認の上ご契約をご検討ください。

【お問い合わせ】
gakushi-info☆oshieruyo.com
※☆マークを@に変更して送信してください。