契約前に知っておきたい失敗しないための学資保険の基礎知識。様々な保険から比較検討するための情報をお伝えします。

学資保険選びのポイント

 

保険=リスクを回避するための商品

 

ということを思い出してください。

自分が必要な保険(避けたいリスク)は何なのか。学資保険ではどんなことを求めているのか。といったことを再度整理してみる必要があります。

子供にもしものことがあった場合の保険商品はありますし、親にもしものことがあった場合の保険商品もあります。医療保険などに加入している方にとってはすでにそれらのリスク回避は考えられているので、医療保険とは別に学資保険に入る方の目的はズバリ「教育費を確実に計画的に積立するため」ではないでしょうか?

 そういった観点から学資保険の目的は「返戻率の高い契約にすること」が重要になってきます。そのために必要なポイントは下記のとおりです。

1.お子様が小さいうちに契約をすること。

預けている期間が長いほど金利がつきますよね。長く保険会社で運用するために早い段階で契約をすることで返戻金が多くなります。商品によっては生まれる前から契約可能なものもありますので事前に調べておくとよいでしょう。(例 ソニー生命)

 

2.月払いよりも年払いがよい。

こちらも1.と同じ理由です。できるだけ保険会社がお金を運用できる時間を長くするために一括で1年分をまとめて支払ってしまう年払いの方が返戻金が多くなります。

 

3.お祝い金の受取りはできるだけ大学入学以降にする。

これも1.2.と同じ理由です。こまめにお祝い金を前倒して受け取ってしまうと、保険会社の運用できる金額が減ってしまうので返戻金に影響してしまいます。保険商品によっては大学入学した年の7月に受取り、その後、学年が上がるごとに残りのお祝い金を毎年すこしづつ受け取ることができるといった商品もあります。一番お金が必要な入学時に十分な蓄えができる方はできるだけ受取りを後ろにするとよいでしょう。少し心配な場合は前倒して高校3年生の夏に受取りするタイプでの契約をおすすめします。

 こちらのサイトはできるだけ最新の情報に保つよう心掛けておりますが、保険会社のサービスは日進月歩でどんどん変化していきます。詳しくは各社の窓口までご確認の上ご契約をご検討ください。

【お問い合わせ】
gakushi-info☆oshieruyo.com
※☆マークを@に変更して送信してください。