契約前に知っておきたい失敗しないための学資保険の基礎知識。様々な保険から比較検討するための情報をお伝えします。

貯蓄と学資保険の違い

貯蓄は三角、保険は四角?

chochiku_hoken.png

毎月給与から貯金をする場合、期間が経つにしたがい少しづつに元利合計が増えていきます。図に表すと、上記のような三角形になりますね。

一方、学資保険の場合は、契約が成立した当初から契約の内容に沿った保険金額を受け取ることができるので、経過期間と保険金額の関係を図に表すと、上記のような四角形になります

学資保険の場合、この二つの性質をもち合わせていますが、あくまでも「保険」であるということを忘れないでください。保険をはじめてからしばらくの間は、契約の途中で解約された際の解約返戻金は、ほとんど期待できません最後まで続ける覚悟が必要ですのでその点、十分に考えてから加入してください。

「支払保険金の額に応じて低金利で貸付をしてくれる。」などとうたう保険会社もありますが、政府系金融機関や都市銀行にお金を借りた方が、金利の条件面でもさほど変わらないと思います。もう一度念押しで申し上げますが、最後まで続けることを強くおすすめします。

子供のための貯金代わりと考えれば楽しく貯蓄できますよ。

 こちらのサイトはできるだけ最新の情報に保つよう心掛けておりますが、保険会社のサービスは日進月歩でどんどん変化していきます。詳しくは各社の窓口までご確認の上ご契約をご検討ください。

【お問い合わせ】
gakushi-info☆oshieruyo.com
※☆マークを@に変更して送信してください。